精子量を増やして連続射精!勢いのある射精方法、メカニズム解説

精力回復には、精子量を増やせばいいというのは本当でしょうか。

精子の量が増えれば自然に精力が回復⇒連続射精するなら、精力回復には精子を増やす方法を実践すればいいことになります。

精子と精液の量は加齢とともに少なくなっていくので、増やす方法があるなら、試してみたい人も多いのではないでしょうか。

もしかすると生活習慣によっても、精子と精液が多くなったり少なくなったりするのかもしれません。

ここでは精子の量と精力回復について見ていき、ついでに射精のメカニズムも調べてみましょう。

【精液を増やす方法】

男性の1回の射精量は、だいたい2㏄~3㏄といわれています。

これは、ティースプーン1杯くらいの量です。

もちろんこれは平均ですから、もっと多い人もいれば少ない人もいます。

また、射精量は加齢とともに減っていきますが、疲労や男性ホルモンの減少によっても、精液が作られる量が減少します。

精液の量を増やして連続射精するには、男性ホルモンのテストステロンの量を増やせばいいのです。

テストステロンを増やして勢いのある射精を行う方法はいくつかあるので、これからご紹介していきましょう。

1.筋トレをする

筋肉を鍛えると成長ホルモンが増え、テストステロンの量も増えます。

テストステロンを増やすための筋トレは、それほと本格的にやる必要はありません。

むしろやりすぎると逆効果ですから、30分から1時間程度にとどめておきましょう。

そのかわり、毎日行うとか週3回とか決めて、定期的に続けることが大切です。

やったりやらなかったりでは、筋トレの効果は上がりませんから注意しましょう。

家で簡単にできる筋トレの代表的なものは、腹筋運動とか腕立て伏せですが、どちらかというと下半身の筋肉を鍛えるほうが、テストステロンを増やすには効果的です。

下半身を鍛える方法でどこでもできるのはスクワットです。

1日数十回程度でいいので、毎日続けると太ももの大腿四頭筋が太くなってくるのがわかります。

大きな筋肉を鍛えると、増えた分の筋肉が目で見てわかるくらいになりますから、やっていて励みになります。

何でもそうですが、効果を実感できるとやり甲斐も出てきます。

時間があれば腹筋や腕立て伏せも行うと、上半身と下半身をバランスよく鍛えることができるでしょう。

背筋も大きな筋肉ですから、テストステロン増量のためには鍛えて損のない筋肉です。

背筋は上体反らしで簡単に鍛えることができます。

2.睾丸マッサージ

睾丸マッサージはマッサージ店でも行っているところがあります。

マッサージ店の中には純粋に睾丸マッサージの店と風俗の場合があります。

しかし、風俗であってもしっかり睾丸マッサージを行ってくれる店もありますから、行く前にホームページを見てチェックしておくといいでしょう。

ちなみに、タイ式マッサージには昔から伝統的な睾丸マッサージがあるようですから、お店に行くならタイ式なら、行ってみたら風俗だったなんてことはありません。

もちろん、睾丸マッサージはお店に行かなくても自分で行えます。

男性が一人でもできますし、パートナーの女性にやってもらうのもいいでしょう。

ちなみに、睾丸マッサージは睾丸とその周辺のリンパ節をマッサージするもので、ペニスには触れません。

睾丸マッサージは次の手順で行います。

a.まず睾丸をあたためます。風呂上りならそのままでいいですが、そうでなければ蒸しタオルで睾丸をあたためてください。
ベビーオイルやローションを睾丸に塗るとマッサージしやすくなります。

b.両手で陰嚢を包み込み、軽く持ち上げて睾丸の裏の付け根のしわを伸ばすように、撫でたり揉んだりしましょう。
また、睾丸から伸びている管を親指でマッサージするのも効果的です。

上記の方法とは別に、少々乱暴ですが睾丸をギュッとつかむ鍛錬法があります。

要するに、睾丸に適度な圧力をかけて刺激するわけです。

男性が自分でやる分には力の加減ができるので問題ありませんが、これを女性にやってもらう場合は、力を入れ過ぎないように注意してください。

上記の睾丸マッサージに、この睾丸をつかむやり方をプラスするのもいいかもしれません。

3.規則正しい睡眠

睡眠不足が続いたり不規則な睡眠を取っていると、ただでさえ健康に影響が出ますが、それだけでなくテストステロンの分泌も減少します。

規則正しい睡眠を取らないと成長ホルモンの分泌が悪くなりますが、成長ホルモンが不足するとテストステロンの分泌も減少してしまうのです。

4.禁煙する

タバコを吸う人は、吸わない人と比べると精子の数が10%以上減少するというデータがあります。

精子の減少を心配するなら、タバコはただちにやめたほうがいいでしょう。

しかも、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるため、血流が悪化してペニスの勃起にも影響します。

また、タバコを吸うと精力が減退することもわかっています。

ペニスの勃起力や精力減退、精子の数を気にしながらタバコを吸うのはおかしな話です。

百害あって一利なしのタバコは、この際キッパリやめてしまいましょう。

5.熱に注意する

精子が熱に弱いことはご存知でしょうか。

精子を作る精巣が体の外に出ているのは、体の中にあると体温と同じ温度になってしまうためなのです。

つまり、36度では精子が死んでしまうので、精嚢は外に出ているというわけです。

だからといって精嚢を冷やす必要はありませんが、できるだけ通気性をよくしたほうが精子が元気になります。

昔の日本人男子はふんどしをつけていましたが、あれはまさしく精子作りにとって理想的な下着だったのです。

今さらふんどしをつけるわけにもいきませんが、同じ下着を穿くにしても、ブリーフのようにピッタリして風通しの悪い下着よりも、トランクスのようにゆったりしたパンツのほうがいいでしょう。

ちなみに、昔ながらの勃起力アップ、精力増強法に金冷法というのがあります。

ペニスと陰嚢に水をかけて冷やすものですが、これは陰嚢の温度を下げるのとは違うものの、男性器は冷やしたほうがいいということを、昔の人はわかっていたのかもしれません。

ちなみに、金冷法で勃起力と精力をアップさせたという話は少なくないので、興味のある方は試してみるといいでしょう。

6,食事の改善

偏食をしたり栄養バランスの悪い食事をしていると、健康を害してしまいます。

体を不健康な状態にして精子が増えるはずがないことは、誰でもわかることではないでしょうか。

精子を増やしたいなら、まず健康づくりから考えるべきです。

毎日コンビニ弁当を食べていたり、インスタント食品や加工食品ばかり食べていると、テストステロンも減少するし精子も増えません。

精子の数を増やして精力回復を目指すなら、まず食事を改善しましょう。

別に精子の数を増やすためでなくても、睡眠や食事を改善するのは当然のことです。

ではどんな食事がいいのかというと、和食が体のために一番いい食事なのです。

欧米型の肉が中心の食事は、コレステロールや脂肪の摂りすぎで、心臓病や糖尿病、生活習慣病などの厄介な病気を招いてしまいます。

それよりも、魚を中心にした和食のほうが断然健康にいい食事です。

もし毎日の食事をすべて和食にしたら、理想的な食事になるでしょう。

しかし、ステーキやハンバーグなどの肉料理に慣れた人が、急に和食ばかり食べたのでは物足りなく感じてしまうかもしれません。

その場合は無理して和食に切り替える必要はありませんが、できるだけ肉を減らすようにしたほうがいいでしょう。

昔の日本人は、どんな食事が体にいいか知っていたのです。

その知恵が和食に受け継がれています。

日本にいながら、和食の素晴らしさがわからないのは残念な気がします。

7.酒を飲み過ぎない

酒の飲み過ぎは、タバコと同様に精子の数を減らします。

酒はリラックス効果があるので、適度に飲む分にはストレス解消になるので、むしろおすすめです。

しかし、過度の飲酒が体に悪いのはここに書くまでもないことです。

繰り返しますが、健康体でなければテストステロンも精子も増えることはありません。

【射精のメカニズム】

射精は精嚢で作られた精子が精液と一緒にペニスから飛び出すものですが、どういうメカニズムで精液が出るのでしょうか。

射精は「反射」といって、自分の意志とは関係なく起こる反応です。

もっと正確に言うと、途中から意志でコントロールできなくなるのです。

ちょっと詳しく見ていきましょう。

射精は腰椎にある射精中枢から射精命令が出ることで起こります。

そのきっかけとなるのは、主に亀頭への刺激です。

亀頭を中心としたペニスに一定の刺激が続き、刺激の量が限界を超えると腰椎からペニスの周囲の筋肉に射精指令が飛び、射精が起ります。

一度射精命令が発せられると、もう自分の意志では止められません。

射精しそうになり、我慢しようとしても「あっ、だめだ…」となるのはそのためです。

勃起は血液の働きで起きますが、射精は筋肉の働きで起きる作用です。

男性のセックスは血液で始まり筋肉で終わるわけです。

射精はペニスを取り巻く筋肉群の微妙な連携によって、精液を体外へ放出する作業なのです。

射精の直前には、だらりと垂れ下がっていた睾丸がせり上がります。

これは精子をペニスの中に送り出すための動作です。

この時点で男性は射精が近いことを知りますが、まだ射精指令は出ていないので、動きを止めれば射精を回避することは可能です。

これと同時にカウパー氏腺から透明な液があふれてきますが、これは尿道に残っている尿を押し出して、酸性を中和するために出るものです。

やがて射精指令が発せられると、もう止めることはできません。

「あっ、出るっ」

となるのはこのときです。

この間に、精子はペニスの根元に送られて発射の準備を整えます。

ここまでくると、あと数秒しか持ちません。

この数秒間に前立腺液と精子と精嚢液が混合されて精液が出来上がります。

射精の直前に混ぜ合わせたばかりの液体が飛び出すので、最初は薄かったりするのはそのためです。

【精子増やす連続射精まとめ】

精液の量を増やす方法はいろいろあります。

筋トレをしたり、睾丸マッサージをすることでも増やすことが可能です。

また、精液の量を増やすには、適度な運動と規則正しい睡眠を取り、食事を改善してタバコやお酒を控えることが大切です。

SNSでもご購読できます。