シトルリン/アルギニンの効果、摂取量、食べ物、副作用等まとめ

アルギニンとシトルリンは、精力増強のためになくてはならない成分です。

特にこの2つを同時に摂取することで、相乗効果を生み出し、プレワークアウトでさらに高い効果を発揮します。

ここでは、アルギニンやシトルリンとは何か、アルギニンやシトルリンの効果、摂取量、ペニスを硬くする効果や副作用などについて見ていくことにします。

アルギニンとは何か

アルギニンは、非必須アミノ酸や準必須アミノ酸などと呼ばれ、トンカットアリやクラチャイダムなどに含まれる成分です。

非必須アミノ酸なので、人間の体内で生成することができるアミノ酸です。

しかしアルギニンは、第二次性徴期には大量に消費されるために不足がちになり、年齢を重ねると分泌量が減るため、徐々に足りなくなります。

そのため、体内で生成できるアミノ酸であるにも関わらず、食事やサプリメントから摂取することが必要な成分です。

このため、アルギニンは準必須アミノ酸と呼ばれるのです。

アルギニンは1886年にドイツでマメ科の植物から発見されましたが、漢方の世界では古くから滋養強壮や婦人病、肝炎の治療薬として用いられていました。

アルギニンには、成長ホルモンの合成促進、勃起力アップ、動脈硬化の予防などの効果があります。

特に勃起力アップに関しては、アルギニンが血管内で生成する一酸化窒素が血管を拡張し、海綿体の毛細血管に大量に血液を流し込むために勃起力アップを促進します。

また、一酸化窒素による血管拡張作用のために、動脈硬化の予防にもなるわけです。

さらに、アルギニンは成長ホルモンの分泌を活性化するため、男性ホルモンの中のテストステロンの分泌を促進する効果があります。

テストステロンは、精力増強や精子の数や運動性を高めるのに必要な成分で、男性機能全般に重要な役割を果たします。

このように、アルギニンには男性機能をアップさせる効果がある上に、服用してもバイアグラなどのように体に負担がかからないのが特徴です。

シトルリンとは?

シトルリンは、1930年に日本の研究者が、スイカから発見したアミノ酸の一種です。

スイカ以外にも、メロンやキュウリなどのウリ科の野菜に多く含まれる成分です。

シトルリンはずっと医薬品指定となっていましたが、2007年に解禁されてサプリメントに利用できるようになりました。

シトルリンには動脈硬化の予防や血管拡張効果、疲労回復などの効果があります。

シトルリンを摂取すると、アルギニンと同様に血管内で一酸化窒素を生成します。

この一酸化窒素で血管拡張作用が起こり、動脈硬化の改善や疲労回復効果が生まれます。

血管が拡張し血管内壁がしなやかになることで動脈硬化が改善し、血管拡張により細胞内の老廃物がスムーズに排出されるため、ペニスを硬くしたり疲労回復に役立つわけです。

そして、アルギニンと同様に海綿体の毛細血管が拡張するために、ペニスに大量の血液が流れ込んで、勃起力アップや精力増強にも効果を発揮します。

一酸化窒素は排気ガスやスモッグに含まれる有害物質で、酸性雨を降らせる環境破壊の元凶といわれる物質ですが、それが体内に入るとこのような効果をもたらすのですから、不思議なものです。

アルギニンとシトルリンのプレワークアウト相乗効果作用

ここまで読んだ方には、アルギニンとシトルリンが生成する一酸化窒素の効能が理解できたことと思います。

実は、アルギニンとシトルリンは同時に摂取することで、相乗効果を発揮してさらに血中アルギニン濃度を高めるのです。

アルギニンが一酸化窒素を生成する過程でシトルリンも作られますが、ここで作られたシトルリンがリサイクルされてアルギニンに変わります。

そして、このリサイクルされたアルギニンから再び一酸化窒素が生成されて、シトルリンが作られます。

このサイクルを繰り返すことで、吸収率がアップして血中アルギニン濃度が高まり、一酸化窒素の生成を劇的に増大させるのです。

このように、アルギニンとシトルリンは相互に変換しますが、このサイクルはアルギニン単体よりも、シトルリンを同時に摂取した場合のほうが効率的に働きます。

このような相乗効果があるため、多くの精力増強・勃起力アップのペニスを硬くするサプリメントには、アルギニンとシトルリンが一緒に配合されています。

アルギニンとシトルリンの摂取量の目安

アルギニンとシトルリンはどれくらい摂取したら良いのでしょうか。

アルギニンの1日の摂取量

アルギニンの1日の摂取量は、専門家の間でも意見が分かれるようです。

バイアグラを開発したルイス・J・イグナロ博士は、1日3000~6000㎎の摂取を勧めています。

これに対して日本の多くのメンズクリニックでは、1日500㎎程度の摂取で効果があるとしています。

どちらを取るか迷うところですが、当サイトではルイス・J・イグナロ博士の説を採用して、1日3000~6000㎎の摂取をすすめています。

ちなみに、アルギニンの摂取量の上限は1日15,000~21,000㎎となっています。

この上限量を越えて摂取すると、健康被害を招くおそれがあるので注意してください。

シトルリンの1日の摂取量

シトルリンの1日の推奨摂取量は、シトルリン研究会によると800㎎となっています。

ちなみに、アルギニンとシトルリンを大量に摂取した場合どうなるかといいますと、別に大量に一酸化窒素が生成されるわけでもなく、活用されない分は尿となって体外に排出されてしまいます。

これは、一酸化窒素を生成できる量は酵素によって決まっているからです。

そのためアルギニンとシトルリンを大量に摂取しても効果はなく、お金がかかって健康被害を招くおそれがあるだけです。

アルギニンの副作用

アルギニンには副作用があります。

といってもそれほど重大な副作用ではありません。

アルギニンはアルカリ性なので、大量に摂取すると胃腸に負担がかかります。

そのため、下痢や胃のむかつきなどを起こす可能性があります。

それほど心配する必要はありませんが、気になるようでしたらアルカリ性を中和するクエン酸を含んだ食物や、サプリメントを一緒に服用すると良いでしょう。

もっと簡単に中和するには、オレンジジュースなどの酸性のものを同時に摂取すると予防効果があります。

アルギニンとシトルリンを多く含む食材


アルギニンは食材からも比較的容易に摂取が可能です。

鶏のむね肉や牛挽肉、車海老、豚ロース、マグロ、納豆、豆腐などに多く含まれています。

どれも普通に食卓にのぼる食材ですから、普段の食事から簡単に摂取することができます。

ただし、シトルリンは食材からの摂取は困難です。

スイカやメロン、キュウリ、ニンニクなどに含まれますが、シトルリンの1日の推奨摂取量800㎎に対して、一番多く含まれるスイカでも100gあたり180㎎しかないので、かなりの量を食べなくてはなりません。

これを毎日続けるのは現実的ではないので、サプリメントから摂取すると良いでしょう。

精力増強&ペニスを硬くするには専用サプリがおすすめ

アルギニンとシトルリンを配合したサプリメントはいろいろありますが、精力増強が目的で飲むとしたら、それ専用に作られたサプリメントを飲む方が高い効果が得られます。

精力増強サプリには、アルギニンとシトルリンのほかに、男性ホルモンのテストステロンの生成に欠かせない亜鉛やマカ、トンカットアリなどの有効成分が総合的に含まれています。

ただし、こういった精力増強サプリの中には、成分をごまかす粗悪品も多いので購入する際は十分注意しましょう。

まとめ

精力増強や、勃起力アップ、プレワークアウトに欠かせないアルギニンとシトルリンには相乗効果があります。

そのため、この2つの成分は同時に摂取するほうが高い効果が得られます。

アルギニンとシトルリンはともに血管内で一酸化窒素を生み出し、精力増強と勃起力アップ効果を促進します。

さらに男性ホルモンのテストステロンの分泌を高めるなど、男性機能全般に高い効果を発揮します。

アルギニンとシトルリンを効率的に摂取するには、サプリメントを服用するのがおすすめです。

特に精力増強が目的なら、専用のサプリメントを服用するほうが高い効果が得られます。